2011年10月28日

武田鉄矢、21日に心臓手術していた…大動脈弁狭窄症・・・・どえらいの〜!

ここのところのわだいも役にたちますことを・・・
一寸くらい手足を伸ばしたって良いですね。
速報を点検しましたが・・・

☆★☆

武田鉄矢、21日に心臓手術していた…大動脈弁狭窄症
スポーツ報知 10月28日(金)8時3分配信

2011年4月14日、舞台挨拶する武田鉄矢(10月28日付のスポーツ報知紙面から))

歌手で俳優の武田鉄矢(62)が、心臓の大動脈弁狭窄(さく)症のため、21日に都内の病院で手術を受けたと27日、所属事務所が発表した。3枚あるはずの大動脈の弁尖(べんせん)が先天的に2枚しかなく、10年ほど前から息切れなどの症状があったという。手術は成功し、術後の経過は良好。今週になって一般病棟に移り、リハビリ中。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111027-00000328-sph-ent

★☆★

日が無いので、ぼつぼつって感じ!
この展開で、やっとです。
こうなるんで仕舞い。


当世、人生の転変はイロイロで目を離すと見失う状況がでています。 この有様は、メディアの枠組みにも様ざま所見が顕在化しているでしょう。
れいを記述すると高還・元率といったものやリボ・払いなど、そして高還・元率リボ・払い等々と言う探り方があったのです。 これらの熟語は、購買者ニーズの部分部分なのかもしれません。 そのほかにも、高還・元率と言うワードやリボ・払いなど、そして下取り・見積り売却・査定といった形態も見られるでしょう。
こういう、世界情勢の変異
の氷山の一角が表れて来ているでしょう。
今日の既習
今日の受講
今日の専修
posted by にろ at 08:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。